サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
サイエンスキャンプ2004
トップ 募集要項 プログラム一覧 簡単シミュレート 参加者の感想 参加申し込み サイエンスキャンプ2004

農業生物資源研究所

食料は、私たちの生命を保つために欠かすことのできないものです。
世界の人口増加等に伴う地球規模での食料確保のためには、自給率の向上や豊かな食生活に貢献するライフサイエンス分野の研究開発への期待が高まっています。
農業生物資源研究所は、そのようなライフサイエンス分野のゲノム研究等先端的技術開発の拠点として、植物、昆虫、家畜などの生命科学研究を推進し、新品種、新作物の開発や新たな生物産業の創出を目指しています。
今回のキャンプでは、遺伝資源、ゲノム、バイオテクノロジーなどの植物分野の最先端の研究について、お話、実験、見学等を通して理解を深めてもらいます。


1 会期
2004年 8月 9日(月)午後2時〜11日(水)午後2時

2 会場
農業生物資源研究所
〒305−8602 茨城県つくば市観音台2−1−2
(東京駅から約1時間30分、JR常磐線牛久駅から路線バス約25分 )
TEL:029−838−7406 FAX:029−838−7408
URL:http://www.nias.affrc.go.jp
宿泊場所: 農林水産省農林水産技術会議事務局
  筑波事務所 国内研修生宿泊施設

3 募集人数
6名

4 プログラム
(1) 遺伝資源の大切さ
ジーンバンクが行っている、植物や動物などのさまざまな遺伝資源の探索収集・導入・保存・配布など事業の紹介と私たちの食生活に遺伝資源がなぜ大切なのかを学びます。
 
指導: ジーンバンク長
(2) イネの色々な特徴を調べる
一目見ただけでは同じように見えるイネでもそれぞれ形や性質などに違いがあります。種子タンパク質など目では見えないイネの特徴を実験を通して調べます。
 
指導: 植物資源研究チーム
(3) ゲノムとは何か?
地球上のすべての生物は、それぞれの細胞の中に謎のような暗号文がいっぱい詰め込まれた「生命の設計図」を持っています。ここでは、私たち日本人に欠かせない「お米」を実らせる秘密が隠されている「イネの生命の設計図」を明らかにするイネゲノム研究を中心に最近の現状等を紹介します。
 
指導: ゲノム研究グループ長
(4) 植物からDNAを抽出・解析する
遺伝子の本体であるDNAには、アデニン、グアニン、シトシン、チシンの塩基と呼ばれる物質が一定の組み合わせにより並んでいます。その塩基の組み合わせによる遺伝情報として、作物であれば病気に強いとか、倒れにくいなどの形質が現れます。ここでは、植物のDNAを抽出し、特定の配列を増幅する実験を通してゲノムに関する理解を深めます。
 
指導: 遺伝子修飾研究チーム
(5) 遺伝子組換え作物の開発
世界の食料問題などを解決するためのキーテクノロジーとして、バイオテクノロジーには大きな期待が寄せられています。ここでは、農作物の生産にどのようなバイオテクノロジーが用いられているか、遺伝子組換え技術などの最先端技術を紹介します。
 
指導: 遺伝子設計研究チーム長
(6) 遺伝子導入細胞を観る
遺伝子組換え技術は、ある生物から目的とする有用な遺伝子(例えば、病気に強い遺伝子)だけを取り出し、改良しようとする生物に導入することにより、新しい性質を付与する画期的な技術です。ここでは、クラゲの発光遺伝子を導入したイネの細胞を顕微鏡で観察します。
 
指導: 遺伝子操作研究チーム

5 スケジュール
8月9日(月)
14:00 14:30   開講式/オリエンテーション
14:30 15:30   研究所の概要紹介
15:30 17:00   施設見学
17:15 19:00   懇親会
8月10日(火)
9:00   9:30   遺伝資源の大切さ
9:30 12:00   イネの色々な特徴を調べる
12:00 13:00   昼食
13:30 14:00   ゲノムとは何か?
14:00 17:00   植物からDNAを抽出・解析する
8月11日(水)
9:00   9:30   遺伝子組換え作物の開発
9:30 12:00   遺伝子導入細胞を観る
12:00 13:00   昼食
13:00 14:00   キャンプのまとめ/閉講式
       
■開催地 ■交通案内
JR「東京駅」より高速バス約60分「農林団地中央バス停」下車、徒歩約5分
JR「東京駅」よりJR山手線または京浜東北線約7分「上野駅」乗換え、JR常磐線約60分「牛久駅」下車、路線バス約20分「農林団地中央バス停」下車、徒歩約5分

プログラム一覧へ

国土交通省 気象庁 気象研究所 独立行政法人 情報通信研究機構 小金井本部 独立行政法人 国立科学博物館 独立行政法人 物質・材料研究機構 独立行政法人 防災科学技術研究所 独立行政法人 放射線医学総合研究所 独立行政法人 理化学研究所 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 航空宇宙技術研究センター 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 角田宇宙推進技術センター 独立行政法人 海洋研究開発機構 独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 北陸研究センター 独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 果樹研究所/花き研究所 独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 畜産草地研究所 独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 動物衛生研究所 独立行政法人 農業生物資源研究所 独立行政法人 農業環境技術研究所 独立行政法人 農業工学研究所 独立行政法人 森林総合研究所 独立行政法人 産業技術総合研究所 つくばセンター 独立行政法人 産業技術総合研究所 北海道センター・地質調査総合センター 独立行政法人 産業技術総合研究所 中部センター 独立行政法人 港湾空港技術研究所 独立行政法人 国立環境研究所 地球環境研究センター 苫小牧フラックスリサーチサイト 日本原子力研究所 核燃料サイクル開発機構
トップページへサイエンスキャンプ2004(夏)トップ このページの先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-8449
E-mail:camp@jsf.or.jp
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP