サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 参加申し込み サイエンスキャンプ

募集要項

スプリング・サイエンスキャンプは、先進的なテーマに取り組む、大学・公的研究機関・民間企業の研究所を会場とした科学技術体験合宿プログラムです。全国の高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校の1〜3学年等を対象に、6名〜24名規模で3日間かけて日頃触れる機会のない研究現場での講義・実験・実習等を行ないます。

どの会場でも、最先端の実験施設・実験装置・設備等を利用して、第一線で活躍する研究者・技術者が直接指導をします。高校生等の皆さんは、先進的な科学技術研究に触れ体験することができます。さらに研究者と身近に接することで、科学的なものの見方や考え方、研究に取り組む姿勢なども学びとることができます。

また、若手研究者との交流は数年後の自分の姿を想像する上で貴重な体験となります。プログラムでわからなかったことはもちろん、研究者を志した動機や、研究生活の実際など、年の近い研究者(や大学院生等)から皆さんが知りたかった情報や疑問などのアドバイスがもらえる良い機会になります。

サイエンスキャンプには、日本各地から同じ興味を持った科学好きな仲間が集まります。これまでの参加者の多くが3日間という短い期間ながら、研究開発現場という環境の中で仲間とさまざまな体験を重ね、お互いが刺激を受けあっています。参加後には、それぞれが自分の将来への希望、求めている夢の実現に向けての第一歩を歩みだしています。

今回のスプリング・サイエンスキャンプは、大学・公的研究機関・民間企業の研究所の協力のもと、それぞれの会場の研究者・技術者が高校生等の皆さんに期待を込めて特色あるプログラムを用意しています。ぜひ多くの皆さんが参加されることを期待しています。

このサイエンスキャンプの体験を通して、皆さんが科学技術をより身近に感じ、科学に対する興味や探究心をより一層深める機会になればと願っています。
このページの先頭へ
趣旨
我が国は、科学技術の振興により、豊かな国民生活や社会経済の発展及び産業競争力の強化を実現する「科学技術創造立国」を目指しています。しかしながら、昨今我が国では、青少年をはじめとする国民の「科学技術離れ」「理科離れ」が指摘されています。また、科学技術が高度化、複雑化し、わかりづらいものとなったことも、その一因と考えられます。そのため、青少年が科学技術に夢と希望を傾け、科学技術に対する志向を高める機会の充実が求められています。
「スプリング・サイエンスキャンプ」は、次代を担う青少年が、先進的な研究施設や実験装置がある研究現場等で実体験し、第一線で活躍する研究者、技術者等から直接講義や実習指導を受けることにより、科学技術に対する興味・関心を高め、学習意欲の向上を図り、創造性、知的探究心を育てることをねらいとしています。春休みの一定期間、高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等を対象として、最先端の科学技術を直接体験・学習できる科学技術体験合宿プログラムを提供するものです。
開催にあたっては、学校教育の現場で日頃高校生の指導をされている教職員の協力を得つつ、青少年にとって魅力的な科学技術体験学習の環境を築き上げていきます。
特色あるプログラムを企画していますので、ぜひ多くの高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等の皆さんが参加され、将来への希望を大きく育てることにつながればと願っております。
このページの先頭へ
事業の概要
平成18年3月に、ライフサイエンス、地球環境、情報通信、材料科学、応用化学、機械工学、建築、運動生理学、エネルギー等の分野において先進的な研究テーマに取り組んでいる大学(国立大学法人:東京大学、新潟大学、鹿屋体育大学、私立大学:大阪工業大学、関西大学)、公的研究機関(独立行政法人日本原子力研究開発機構)、民間企業(味の素株式会社、オムロン株式会社、鹿島建設株式会社、清水建設株式会社、東京電力株式会社、東レ株式会社、日本電子株式会社、日本電信電話株式会社、株式会社日本無重量総合研究所、パイオニア株式会社、株式会社日立製作所、富士ゼロックス株式会社、松下電器産業株式会社、株式会社リコー)の20会場が、それぞれ6〜24人(計217人)の規模で、高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒を3日間受け入れます。各会場では特定の宿舎に滞在し、第一線で活躍する研究者・技術者の指導によりそれぞれの研究機関の特徴を生かした講義・実験・実習等を主体とした科学技術体験学習を行います。
このページの先頭へ
主催
文部科学省
このページの先頭へ
プログラム、会場および会期、募集人数
プログラム・会場名 会期 募集人数 プログラム関連分野
ライフサイエンス事始め
〜細胞の培養と遺伝子の導入に挑戦しよう〜

国立大学法人 東京大学大学院 総合文化研究科
2006年3月25日(土)
〜3月27日(月)
24名 生命科学、
細胞生物学、
再生医学
脳を見る、知る、調べる
国立大学法人 新潟大学 脳研究所
2006年3月28日(火)
〜3月30日(木)
8名 遺伝子工学、
脳科学
高分子って何?
〜プラスチックからタンパク質まで〜

大阪工業大学 工学部 応用化学科
2006年3月22日(水)
〜3月24日(金)
12名 機能性高分子
エネルギーを化学する
〜化学が支える先端エネルギー〜

関西大学 工学部
2006年3月23日(木)
〜3月25日(土)
12名 化学工学、応用化学、
先端マテリアル工学
スポーツ科学の最前線
〜From Gene to Gold〜

国立大学法人 鹿屋体育大学 体育学部
2006年3月25日(土)
〜3月27日(月)
12名 運動生理学、生理学、バイオメカニクス、
生物学、保健体育
意外と身近な放射線とナトリウム
独立行政法人 日本原子力研究開発機構
国際原子力情報・研修センター
2006年3月26日(日)
〜3月28日(火)
10名 原子力エネルギー、
物質科学
アミノ酸を知ろう!味の科学
〜昆布からグルタミン酸の抽出・分析&味の体感〜

味の素株式会社 ライフサイエンス研究所
2006年3月22日(水)
〜3月24日(金)
8名 天然物化学、
味覚生理学
センサが変える未来の社会!
オムロン株式会社 京阪奈イノベーションセンタ
2006年3月22日(水)
〜3月24日(金)
15名 情報処理(光学/画像処理)系、
機械工学・電子物理系
超高層ビルの世界へようこそ
鹿島建設株式会社 技術研究所
2006年3月26日(日)
〜3月28日(火)
10名 構造力学、
地震地盤工学、
風工学
風の強さを魅る感じる
清水建設株式会社 技術研究所
2006年3月27日(月)
〜3月29日(水)
12名 建築、力学、
自然エネルギー
資源・エネルギーと環境保全について考える
東京電力株式会社 技術開発センター
2006年3月28日(火)
〜3月30日(木)
10名 エネルギー、
地球環境
21世紀の地球環境改善へ
〜水処理分離膜の技術〜

東レ株式会社 地球環境研究所
2006年3月28日(火)
〜3月30日(木)
6名 地球環境、
機能性高分子、
水処理、分離膜、
分析科学
ナノメートルの世界を観る
〜ようこそ「電子で観るナノメートルの世界」へ〜

日本電子株式会社 本社 昭島製作所
2006年3月27日(月)
〜3月29日(水)
9名 電子顕微鏡、物理、
化学、生物
安心・安全・楽しい未来を実現する情報通信技術を体験しよう
日本電信電話株式会社 横須賀研究開発センタ
2006年3月27日(月)
〜3月29日(水)
15名 情報通信
落下塔を利用した微小重力実験の体験
株式会社日本無重量総合研究所
無重量研究センター
2006年3月26日(日)
〜3月28日(火)
10名 微小重力環境利用
最先端カーナビゲーションに触れてみよう
パイオニア株式会社 総合研究所
2006年3月22日(水)
〜3月24日(金)
6名 情報通信
未来の産業を体験しよう!
株式会社日立製作所 中央研究所
2006年3月21日(火・祝)
〜3月23日(木)
10名 半導体、コンピュータ、
エレクトロニクス
ハイブリットコミュニケーション
〜先端技術で未来メディアの研究プロセスを体験しよう〜
「伝えたい☆〜もっと、もっと!コミュニケーション」

富士ゼロックス株式会社 研究本部
2006年3月21日(火・祝)
〜3月23日(木)
12名 情報科学、人間工学
体験しよう!未来の電池の作り方
松下電器産業株式会社
先端技術研究所 ナノテクノロジー研究所
2006年3月22日(水)
〜3月24日(金)
8名 地球環境、酵素反応、
材料科学
ユビキタス時代の新しい技術を体験しよう
〜撮って創っていろいろプリント〜

株式会社リコー 中央研究所
2006年3月26日(日)
〜3月28日(火)
8名 ソフトウエア
(ドキュメント認識・
処理・表示・通信技術)

このページの先頭へ
応募資格
応募締切日時点で、高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒。
このページの先頭へ
応募方法および締切日
応募者は「参加申込書」に必要事項を記入の上、財団法人日本科学技術振興財団サイエンスキャンプ事務局に応募締切日必着にてお送り下さい。

応募締切日 2006年2月16日(木)<必着>
このページの先頭へ
選考方法および決定等
(1) 「参加申込書」にもとづいて、各プログラムの会場又は日本科学技術振興財団が選考を行い、参加者を決定します。
なお、応募倍率の高い会場の選考にあたっては、過去に参加経験のない方を優先して選考する場合があります。
(2) 選考結果は2006年3月上旬に応募者本人宛に通知します。また、参加者には「参加証」と集合場所への経路、持ち物、生活ルール等の詳細を明記した「参加のしおり」をお送りします。
(3) 参加費 8,000円(実費の一部に充当します)なお、自宅と会場間の交通費は自己負担となります。

選考結果通知日 2006年3月上旬
このページの先頭へ
参加者引率
集合から解散までのキャンプ3日間、サイエンスキャンプ事務局員1名と高等学校理科教諭(事務局が依頼)1名以上が、参加者を引率します。
高等学校理科教諭は、参加者が充実したキャンプを送れるようにアドバイザーとして高校生等には理解の難しい学術用語や専門知識の解説、その日の体験活動のまとめ、キャンプ最終日に参加者による発表があるプログラムには発表準備の支援のほか、生活面でのアドバイスも行います。
また、科学の普及教育、科学技術館の運営など科学教育の経験を有する日本科学技術振興財団職員がサイエンスキャンプ事務局員として、高等学校理科教諭、会場担当者と協力してキャンプの運営を行い、参加者をサポートします。
このページの先頭へ
協力
〔国立大学法人〕 東京大学、新潟大学、鹿屋体育大学
〔私立大学〕 大阪工業大学、関西大学
〔公的研究機関〕 独立行政法人日本原子力研究開発機構
〔民間企業〕 味の素株式会社、オムロン株式会社、鹿島建設株式会社、清水建設株式会社、
東京電力株式会社、東レ株式会社、日本電子株式会社、日本電信電話株式会社、
株式会社日本無重量総合研究所、パイオニア株式会社、株式会社日立製作所、
富士ゼロックス株式会社、松下電器産業株式会社、株式会社リコー
このページの先頭へ
実施運営機関
財団法人 日本科学技術振興財団
このページの先頭へ
応募先・問い合わせ先
財団法人 日本科学技術振興財団 振興事業部内
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
電話: 03-3212-2454 FAX : 03-3212-0014
Webサイト: http://ppd.jsf.or.jp/camp/
E-mail


プログラム一覧へ参加申し込み

HOMESPRING SCIENCE CAMP TOP ページ先頭へ


財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP