サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 参加申し込み サイエンスキャンプ

資源・エネルギーと環境保全について考える

電気は今や生活に欠かせない必需品で、水力、火力、原子力などの各発電所で発電し、送電線や配電線を通して、工場や家庭などで、動力や光、熱といったエネルギーに変換して利用しています。
東京電力では、限りある資源を大切にするためなるべく効率的に電力を発電、送電し、利用する技術の研究を進めるとともに、地球環境保全や資源循環型社会の構築に向けた研究にも取り組んでおります。
今回のキャンプでは、発電、送配電、電気利用それぞれの最先端の研究を体験し、理解して頂くとともに、東京電力の環境問題への取り組みについても理解を深めていただきます。
会期
2006年3月28日(火)午後1時〜 3月30日(木)午後2時 2泊3日
写真写真写真
会場
東京電力株式会社 技術開発センター
神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町4-1
http://www.tepco.co.jp/
宿舎
ホテルメッツ川崎(予定)
神奈川県川崎市幸区堀川町72-2
募集人数
10名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒
同行引率者
・日本科学技術振興財団サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名
キャンプの実習内容
写真
1.講義「地球温暖化問題」
「地球温暖化問題」を理解してもらうと共に、東京電力が取り組んでいる温暖化対策について学びます。
2.バイオマス燃料の加工、合成実験
地球温暖化対策としてCO2の排出量を減らすための技術を検討しています。その中でも、バイオマス燃料はカーボンニュートラルな燃料として期待されています。そこで今回は、水蒸気蒸留やマイクロ波加熱を利用したバイオマス燃料の加工、合成実験を行います。
3.金属材料研究の紹介と実験体験
発電所で使われた種々の金属材料を教材に、光学顕微鏡および電子顕微鏡によるミクロ組織観察を行い、金属組織の特徴と、その使用中の劣化および設備の寿命との関連について学びます。
スケジュール
第1日目(3月28日)
13 : 00 13 : 30   集合受付
13 : 30 14 : 00   開講式
14 : 00 14 : 30   東京電力の紹介
14 : 30 16 : 00   「電気の史料館」の見学
16 : 00 17 : 30   講義「地球温暖化問題」
第2日目(3月29日)
9 : 00 12 : 00   金属材料研究の紹介と実験体験
12 : 00 13 : 00   昼食
13 : 00 17 : 00   バイオマス燃料の加工・合成実験
17 : 00 17 : 30   実験のまとめ
17 : 30 19 : 00   研究者との懇親会(夕食)
第3日目(3月30日)
9 : 00 10 : 00   ヒートポンプの原理を体験
10 : 00 11 : 00   研究所の見学
11 : 00 12 : 00   実験のまとめ・発表準備
12 : 00 13 : 00   昼食
13 : 00 13 : 45   実験結果発表会
13 : 45 14 : 00   閉講式
14 : 00       解散
会場の紹介
東京電力グループの技術開発の中核として、経営課題やニーズを重視した技術開発課題への選択と集中を行い、
(1)安全の確保を最優先とした技術開発
(2)長期的にエネルギーセキュリティーを確保し、地球環境を守る技術開発
(3)お客さまの満足を獲得するための技術開発
(4)競争力を強化する技術開発
の4つを重点実施分野として技術開発に取り組んでおります。さらには、発送電一貫の責任ある電力会社として将来を見通し、長期的展望に立った基礎・基盤領域の研究や夢ある研究プロジェクトにも意欲的に挑戦しております。
研究室の紹介
1.地球環境技術グループ
企業活動における環境問題への対応が重要性を増す中、われわれ地球環境技術グループでは、温暖化問題への対応に主眼を置き、温暖化対策技術・政策評価や温暖化の影響評価、ヒートアイランド対策技術の評価などに取り組んでいます。
2.廃棄物リサイクル技術グループ
電力会社特有の廃棄物について、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の考えを基本に、できる限り資源を有効に利用するリサイクル技術の開発を行っています。さらに、地球温暖化対策もCO2 を大切な炭素資源ととらえて、有効利用技術の開発を行うと共に、バイオマスからの燃料を含めた有用物質の生産技術に取り組んでいます。
3.材料技術グループ
過酷な人工環境、自然環境にさらされる発電所や送電線・配電線など電力設備全般の材料劣化に関する寿命評価研究や、劣化メカニズムを解明する研究に取り組んでいます。
入門書の紹介
弊社HPの中の「インターネット電力講座」の紹介巨大な電力システムを運営する電力会社の最新技術をインターネット上で分かりやすく公開することによって、大学生を中心とする若い方々に電力技術に対する関心をお持ちいただき、次世代を担う電力技術者が一人でも多く育つことをねらいとして開設したものです。
http://www.tepco.co.jp/kouza/index-j.html
交通案内
交通案内
JR「東京駅」よりJR 東海道本線約17 分
「川崎駅」乗り換え、JR 南武線約4 分「尻手駅」下車、
徒歩約15 分又は路線バス利用
前のプログラムへ プログラム一覧へ 次のプログラムへ
Program menu
HOMESPRING SCIENCE CAMP TOP ページ先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP