サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 参加申し込み サイエンスキャンプ

ハイブリットコミュニケーション

文字は意味を伝えるメディア、紙は文字や絵を載せて伝えるメディア、DVD も大量デジタル情報(映画や音楽など)を伝えるメディア、新聞社やTV 局はその機構が情報を伝えるメディアです。私たちは、多様化するメディアに飲み込まれることなく、それらを駆使してより良いコミュニケーションを図ってゆかなければなりません。
富士ゼロックスは、紙メディアのコピーサービスを提供し始めて以来、私たちのコミュニケーションを支援してきました。現在では、より良いコミュニケーションの実現を目指して、紙に限らず広範なコミュニケーション支援の研究を行っています。
今回のキャンプでは、遠隔地を結ぶ新しいコミュニケーション技術を体験しながら、コミュニケーション・メディアの意義と未来を考えてみます。
会期
2006年3月21日(火・祝)午後5時〜 3月23日(木)午後2時30分 2泊3日
写真写真写真
会場
富士ゼロックス株式会社 研究本部
神奈川県足柄上郡中井町境430
グリーンテクなかい
http://www.fujixerox.co.jp/company/technical/index.html
※2005年12月下旬より新アドレスとなりました。
宿舎
グランドホテル神奈中(秦野)(予定)
神奈川県秦野市大秦町1-10
募集人数
12名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒
同行引率者
・日本科学技術振興財団サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名
キャンプの実習内容
メディア体験では世界最初のパーソナルコンピュータや世界初の電子写真式複写装置を見学し、最新技術である電子ペーパーや遠隔コミュニケーション装置を使ってみます。

実験実習では、遠隔コミュニケーション装置を用いて、チームごとのゲーム形式で情報伝達を競います。その様子を他のチームが観察記録し、人間のコミュニケーションの様子や通信手段の効果について分析的に学びます。実験結果は、その場の行動観察やビデオを用いた発言記録、アイカメラによる注意点分析などによって行います。
スケジュール
第1日目(3月21日)
17 : 00 17 : 30   宿舎で集合受付
19 : 00 21 : 00   参加者&引率者ミーティング
第2日目(3月22日)
9 : 00 9 : 30   開講式
9 : 30 10 : 30   レクチャー「メディアと人間の関わり」
10 : 30 12 : 00   コミュニケーション・メディア体験
12 : 00 13 : 00   昼食
13 : 00 14 : 30   研究概要紹介と事業所見学
14 : 30 16 : 30   遠隔コミュニケーションの実験
17 : 30 19 : 00   研究者との懇親会(夕食)
第3日目(3月23日)
9 : 00 10 : 00   海外研究者交流(遠隔会議)
10 : 00 12 : 00   実験結果の分析とまとめ
12 : 00 13 : 00   昼食
13 : 00 14 : 00   発表と講評
14 : 00 14 : 30   閉講式
14 : 30       解散
会場の紹介
研究本部には、ナノテクノロジーなど基礎的なテーマを中心に扱う中央研究所、電子ペーパーや機能材料など新しいデバイス/材料の研究を行う先端デバイス研究所、IT系の研究テーマを中心に進めるFXPALジャパン、の3つの研究所があります。
コミュニケーションには、発信側と受信側があります。担い手も、人と人、人と機械、機械と機械の場合がありますが、特に人と人のコミュニケーションでは、発信側では創造と表現、受信側では理解と活用が重要で、さらにはそれらを基盤として支えるセキュリティや速度効率など多くの課題があります。これらに対し、上記研究所が連携して研究を進めています。
紙へのコピーから始まったコミュニケーションの支援を、メディアを拡大しながら、より高い品質へと高めるために多面的な取り組みをしているのです。
研究室の紹介
実習を担当する研究室には、心理学・文化人類学・人間工学など、技術分野を超えた研究者が集まって、コミュニケーション・メディアの効果を様々な観点から分析しています。新しいITメディアを開発する技術系の研究者とも日常的に交流しながら、より機能が高くしかも使いやすいコミュニケーション手段の実現を目指しています。
入門書の紹介
書 名 こころの情報学(ちくま新書)
著者名 西垣 通
出版社 筑摩書房
プログラム関連Webサイトの紹介:
電子ペーパー
http://www.fujixerox.co.jp/company/technical/disp_tech/index.html
遠隔会議・遠隔コミュ二ケーション
http://www.fujixerox.co.jp/company/technical/collabo/index.html
http://www.fujixerox.co.jp/company/technical/eoo.html
交通案内
交通案内
「新宿駅」から小田急線約1 時間15 分(急行)「秦野駅」下車
「秦野駅」、「二宮駅」よりシャトルバスあり
http://www.fujixerox.co.jp/company/office/access_nakai.html
前のプログラムへ プログラム一覧へ 次のプログラムへ
Program menu
HOMESPRING SCIENCE CAMP TOP ページ先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP