サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 参加申し込み サイエンスキャンプ

安心・安全・楽しい未来を実現する情報通信技術を体験しよう!

今や誰もが当たり前のように使い、日常生活にすっかり溶け込んでいるインターネット。このインターネットの裏側でどんな最新技術が使われているのかを知りたくはありませんか?私たちNTTの研究所では、このインターネットをより安心・安全に楽しく使ってもらえるように日々新しい技術の研究開発に取り組んでいます。
今回のキャンプでは、NTTの研究所で研究されている様々な技術の中から「情報のセキュリティを確保する暗号技術」、「楽しく簡単に映像コンテンツを作る技術」、「超高速ネットワークを支える光通信技術」にスポットをあて、安心・安全・楽しい未来を実現する最新の情報通信技術について学んでいただきます。
会期
2006年3月27日(月)午後5時〜 3月29日(水)午後3時 2泊3日
写真写真写真
会場
日本電信電話株式会社 
横須賀研究開発センタ
神奈川県横須賀市光の丘1-1
http://www.ntt.co.jp/RD/OFIS/top.html
宿舎
ホテルYRP(予定)
神奈川県横須賀市光の丘7-2
募集人数
15名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒
同行引率者
・日本科学技術振興財団サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名
キャンプの実習内容
1.情報のセキュリティを確保する暗号技術の体験
ネットワークの発展により、生活が便利になると同時に、個人情報の漏洩やなりすまし詐欺などの問題が生じています。これらの問題を解決する手段の一つに暗号技術があります。実習ではどうやって情報を守ればいいのかやどうやったら姿の見えない相手を確認できるのかなどを、暗号技術の仕組みからそれらが実際のインターネットやパソコンでどのように利用されているかなどの応用先について、講義を中心に学びます。

2.楽しく簡単に映像コンテンツを作る技術の体験
「サイバーコースター」は、マウスを使ってビデオの中に映ったものをぐりぐり動かすことができるユニークな技術です。誰でも楽しく簡単に使えるので、商品カタログや教材、観光案内などに利用されています。本実習では、デモ作品を実際に体験した上で、デジカメと編集ソフトを使ってオリジナル作品を作っていただきます。持ち物自慢や一発芸など、みなさんのアイディアが光る作品を期待しています。

3.超高速ネットワークを支える光通信技術の体験
ブロードバンドやFTTH(ファイバ・ツー・ザ・ホーム)という言葉を耳にされたことがあると思います。高速・安価な通信は光ファイバによって実現されています。
光ファイバは髪の毛ほどの太さのガラス線ですが、一本で音声や映像、コンピュータのデータなど驚くほど多くの情報を送ることができます。実習ではまず、実際の光ファイバを顕微鏡でのぞいて、その仕組みを学びます。さらに、光が光ファイバのなかを通っていく様子を観察し、長い距離を越えて情報を確実に伝送できることを実習で学びます。光ファイバでの信号の損失がいかに少ないか、光ファイバがいかに多くの情報を伝送できるかなどを実感してもらいたいと思います。
スケジュール
第1日目(3月27日)
17 : 00 17 : 30   宿舎で集合受付
19 : 00 21 : 00   参加者&引率者ミーティング
第2日目(3月28日)
10 : 00 10 : 30   開講式
10 : 30 12 : 00   最新研究項目の見学
12 : 00 13 : 00   昼食
13 : 00 15 : 30   プログラム1
「情報のセキュリティを確保する暗号技術」
15 : 30 18 : 00   プログラム2
「楽しく簡単に映像コンテンツを作る技術」
18 : 00 20 : 00   研究者との意見交換会(夕食)
第3日目(3月29日)
9 : 30 12 : 30   プログラム3
「超高速ネットワークを支える光通信技術」
12 : 30 13 : 30   昼食
13 : 30 14 : 30   まとめ
14 : 30 15 : 00   閉講式
15 : 00       解散
サイバーコースター 光サンプリング装置
会場の紹介
日本電信電話株式会社の研究所は、1948年から逓信省の電気通信の基盤研究を基に設立されました。現在「世界的視野に立った技術開発を基に最高のサービスと信頼を提供しつづける」ために3総合研究所で12研究所・約3,000名の研究者が、より高品位なネットワークコミュニケーション実現のため様々なテーマに取り組み、数多くの研究成果が世界の標準として活用されています。
さらに、将来の豊かな社会を生み出すため「双方向に、いつでも、どこでも、誰とでも、安全に、簡単」な革新的なコミュニケーション環境の実現に向けて研究開発に取り組んでいます。
研究室の紹介
NTTの研究所では、情報通信を支える様々な分野(コンテンツ・アプリケーション、情報流通プラットホーム、通信ネットワーク、端末・ソフトウェアなど)の研究者が集まり、日々最新技術の研究開発に取り組んでいます。
今回のキャンプには最近特に注目されている「情報セキュリティ」「ヒューマンインタフェース」「光通信ネットワーク」分野の研究者が参加し、皆さんを最新技術の世界へ案内します。
入門書の紹介
書 名 インターネットが電話になった
著者名 山田茂樹・橋爪宏達・藤岡淳・佐藤健
出版社 丸善
書 名 改訂新版暗号の数理
著者名 一松信
出版社 講談社
書 名 情報セキュリティの科学--- マジック・プロトコルへの招待
著者名 太田和夫・渡辺治・黒沢馨
出版社 講談社
書 名 光ファイバ通信入門(改訂3版)
著者名 末松安晴、伊賀健一
出版社 オーム社出版局
プログラム関連Webサイトの紹介:
サルにもわかるRSA 暗号
http://www.maitou.gr.jp/rsa/
実演: RSA 暗号の理論と実際- faireal.net
http://www.faireal.net/articles/8/01/
暗号- Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E5%8F%B7
交通案内
交通案内
「品川駅」より京浜急行約1時間「YRP 野比駅」下車
路線バス約10分 「光の丘5番バス停」下車
前のプログラムへ プログラム一覧へ 次のプログラムへ
Program menu
HOMESPRING SCIENCE CAMP TOP ページ先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP