サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 参加申し込み サイエンスキャンプ

エネルギーを科学する

化石燃料が枯渇しつつある現在において、あたらしいエネルギー源を生み出すことは非常に重要です。さらに、その新たなエネルギーは地球環境への負荷が小さくなければなりません。新たなエネルギーの開発は工学の分野でも重要な課題として取り上げられており、化学を基礎とした工学分野でも積極的にエネルギー開発の研究に取り組んでいます。
例えば、次世代の太陽電池である色素増感太陽電池の開発、都市資源(ごみや廃棄物)の再利用したエネルギー開発と再資源化、また、生体物を利用した循環型エネルギー、さらに、エネルギーを得るために生じた汚水を、環境負荷を低くして処理する方法の開発などです。これらの中のいくつかについて、実験を行っていただき、関連した講義を通して、楽しみながら「次世代エネルギーを支える化学」に興味を持っていただくことを目指しています。
会期
2006年3月23日(木)午後0時30分〜 3月25日(土)午後1時30分 2泊3日
写真写真写真
会場
関西大学 工学部
大阪府吹田市山手町3-3-35
http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_eng/index.htm
宿舎
ホテルマーレ南千里(予定)
大阪府吹田市津雲台1-2-D9
募集人数
12名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒
同行引率者
・日本科学技術振興財団サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名
キャンプの実習内容
写真 次世代の太陽電池である色素増感太陽電池を作製し、その発電量を測定します。次に、都市資源の一つである廃アルミニウム缶を用いて電池を作製し、その発電能力と発電効率を求める実験をします。さらに、廃プラスチックからオイルを取り出す実験や汚れた水の低負荷浄化について実験を行います。これらの実験には導入的な講義も含まれています。その後ハイテク・リサーチ・センターを中心に、工学部が所有する先端技術を支える先端装置を見学していただくことにしています。例えば、電子顕微鏡などです。
スケジュール
第1日目(3月23日)
12 : 30 13 : 00   集合受付
13 : 00 13 : 30   開講式、ガイダンス
13 : 30 16 : 00   色素増感太陽電池の作製
16 : 00 16 : 30   実験のまとめ
第2日目(3月24日)
9 : 00 9 : 30   概要説明
9 : 30 12 : 00   廃プラスチックからオイルを取り出す実験および汚れた水の低負荷浄化について実験
12 : 00 12 : 30   実験のまとめ
12 : 30 13 : 30   昼食
13 : 30 16 : 00   廃アルミニウム缶電池の作製
16 : 00 16 : 30   実験のまとめ
17 : 00 19 : 00   研究者との懇親会(夕食)
第3日目(3月25日)
9 : 00 9 : 30   概要説明
9 : 30 11 : 00   大学内の各種先端研究施設見学
11 : 00 12 : 00   キャンプのまとめとディスカッション
12 : 00 13 : 00   昼食
13 : 00 13 : 30   閉講式
13 : 30       解散
会場の紹介
関西大学は大阪市の北に隣接する吹田市にあります。吹田市は、アジアで最初の万国博覧会EXPO '70が開催された街としても有名です。キャンプの会場である本学吹田キャンパスには、工学部を含めた6 学部の他、ハイテク・リサーチ・センター、学術フロンティア・センターやインフォメーション・テクノロジーセンター等があります。工学部は11学科で構成されており、工学分野の広い範囲をカバーしています。
今回のキャンプは化学工学科、応用化学科および先端マテリアル工学科の教員が担当します。
研究室の紹介
1.バイオマス資源の循環利用などから、環境負荷の少ないエネルギーとエネルギー資源のリサイクルを目指した研究。
2.環境に優しい高機能・高性能高分子の開発の一環として、エネルギー問題に注目し、太陽エネルギーを化学エネルギー(人工光合成)や電気エネルギー(太陽電池)に変える高分子の開発。
3.さまざまな環境中で生じる金属材料の表界面変化およびその制御に注目した、省資源型社会の構築に貢献し得る材料および材料表面の開発を目指した研究。
入門書の紹介
書 名 トコトンやさしいエネルギーの本
著者名 山崎 耕造
出版社 日刊工業新聞社
交通案内
交通案内
地下鉄「新大阪駅」より
大阪市営地下鉄御堂筋線約2分「西中島南方駅」下車、
徒歩約3分で阪急京都本線「南方駅」より
阪急京都本線約4分「淡路駅」乗換え、
阪急千里線約9分「関大前駅」下車、徒歩約15分
前のプログラムへ プログラム一覧へ 次のプログラムへ
Program menu
HOMESPRING SCIENCE CAMP TOP ページ先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP