目次
サイエンスキャンプ2001の概要
すばらしきサイエンスキャンプ
未来への夢
最先端の研究所へ

忘れられぬ思い出
私の歩む道

アドバイザーからメッセージ
サイエンスキャンプへのアプローチ

 サイエンスキャンプには、科学に人一倍の興味をもった高校生・高等専門学校生が全国から集まってきます。夏休み中のわずか三日間のプログラムですが、参加した高校生には、単なる夏の思い出として記憶に残る以上のものを与える機会となっています。それは、最先端の研究を誇る国立の研究所等が高校生を受け入れ、十分に練られた科学プログラムを提供するからにほかなりません。巨大な装置、スーパーコンピューター、著名な研究者など、見るもの聞くものすべてのスケールが大きく、高校生に予想をはるかに越えるインパクトを与えているのです。
 サイエンスキャンプでは、日本を代表する研究所で日夜研究活動に没頭する研究者が、自ら高校生のために時間を割き、特別なプログラムを用意します。本来、研究所は教育機関ではありませんから、多くの高校生を受け入れることはできません。しかし人数が少ない分、研究者や研究装置と間近に接することが可能となり、かつて経験したことのない科学的に濃密な三日間を過ごすことができるのです。
 北は北海道、南は沖縄から集まってくる参加者は、多くは独り旅の末、研究所の門をくぐります。研究所のロビーでは、研究員やキャンプをサポートする事務局員、そしてアドバイザーの高校教諭らが笑顔で高校生を迎え入れます。キャンプ中は、科学の好きな仲間に囲まれ、まさに科学漬けの三日間になります。このようなキャンプ生活に、参加者は感嘆し、感動し、知識を得、そして互いの友情を育みます。何よりも、仲間と将来の夢を共有し、そのことについて思い切り語り合えることがうれしいようです。よい意味での興奮は、彼らの夢をより確かなものへと誘います。サイエンスキャンプでのさまざまな体験から、高校生は自分の求めている未来への希望、将来の夢の実現に向けての第一歩を踏み出すのです。
 日本全国の高等学校、高等専門学校の5300校近くへ募集案内は配られ、学校に貼られたポスターによって、サイエンスキャンプは高校生に紹介されます。学校によっては、参加した生徒が後輩へと語り継ぐこともあります。また、参加した生徒のその後の頑張りをみて、全校をあげてサイエンスキャンプに取り組む高校もあるようです。過去七年間で、670校近くからの応募があり、参加した高校生・高等専門学校生は、優に1400名を越えました。2001年夏の「サイエンスキャンプ2001」には、日本各地から300名の高校生・高等専門学校生が参加し、第一線の研究者と共に実験やフィールドワークに取り組みました。

サイエンスキャンプ2001の会場と参加人数

自然科学 理化学研究所(埼玉県和光市) 8名
物質材料 独立行政法人 物質・材料研究機構(茨城県つくば市) 15名
情報電子 独立行政法人 通信総合研究所 本所(東京都小金井市) 12名
航空宇宙 独立行政法人 航空宇宙技術研究所(東京都調布市) 20名
  宇宙開発事業団(茨城県つくば市) 30名
海洋科学 独立行政法人 港湾空港技術研究所(神奈川県横須賀市) 10名
  海洋科学技術センター(神奈川県横須賀市) 24名
地球科学 国土交通省気象庁 気象研究所(茨城県つくば市) 10名
  独立行政法人 防災科学技術研究所(茨城県I`?つくば市) 12名
  独立行政法人 産業技術総合研究所 北海道センター
  北海道地質調査連携研究体(北海道札幌市)
8名
  独立行政法人 国立環境研究所 落石岬ステーション(北海道根室市) 6名
産業技術 独立行政法人 産業技術総合研究所 つくばセンター(茨城県つくば市) 15名
  独立行政法人 産業技術総合研究所 北海道センター(北海道札幌市) 6名
原 子 力 日本原子力研究所(茨城県那珂郡) 15名
  核燃料サイクル開発機構(茨城県東茨城郡) 10名
農  業 独立行政法人 農業技術研究機構 中央農業総合研究センター(茨城県つくば市) 9名
  独立行政法人 農業技術研究機構 作物研究所(茨城県つくば市) 7名
  独立行政法人 農業技術研究機構 果樹研究所(茨城県つくば市) 11名
  独立行政法人 農業技術研究機構 動物衛生研究所(茨城県つくば市) 8名
  独立行政法人 農業環境技術研究所(茨城県つくば市) 13名
  独立行政法人 農業工学研究所(茨城県つくば市) 6名
  独立行政法人 森林総合研究所(茨城県稲敷郡) 12名
食  品 独立行政法人 食品総合研究所(茨城県つくば市) 7名
医  薬 厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所(東京都世田谷区) 10名
  独立行政法人 放射線医学総合研究所(千葉県千葉市) 16名

(C) 2012 Japan Science Foundation All Rights Reserved.