サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 募集は締切りました サイエンスキャンプ

知ろう・作ろう 自然エネルギー

21世紀のエネルギーとして環境負荷の小さな自然エネルギーが注目されています。そこで、身近な自然エネルギーについての学習をするとともに、太陽光、風力、バイオマスなど実際のフィールドで見学し、さらにはソーラークッカー、小型風力発電機など簡単な自然エネルギー利用装置を手作りして、ものづくりの楽しさと自然エネルギーのすばらしさ、有り難さを実感してもらいます。
写真写真

会期
2006年1月6日(金)午後5時〜 1月9日(月・祝)午後2時30分 3泊4日

会場
足利工業大学 総合研究センター
足利市大前町268 − 1
http://www.ashitech.ac.jp/

宿舎
ニューミヤコホテル別館(予定)
栃木県足利市田中町634

募集人数
30 名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒

同行引率者
・日本科学技術振興財団 サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名

キャンプの実習内容
風力の利用として、小型風力発電機など簡単な自然エネルギー利用装置を、太陽光の利用としては、エネルギーを直接利用して調理を行うソーラークッカーを手作りして実験を行います。作業は、総合研究センターの講義室において行い、“見て” “触れて”“測れる”実践的な内容となります。

(概要)
●自然エネルギー利用についての講義(総括、風力、太陽光、バイオマス)
●「風と光の広場」(足利工業大学実験フィールド)の見学
●「ソーラークッカー」の製作・フィールド実験
●「小型風力発電機」の製作・風洞実験

スケジュール
第1日目(1月6日)
17:00 17:30   宿舎で集合受付
19:00 21:00   参加者&引率者ミーティング
第2日目(1月7日)
10:00 10:15   開講式
10:15 10:45   自然エネルギーと風力発電に関する講義
10:45 11:05   太陽熱利用・ソーラークッカーに関する講義
11:05 11:25   バイオマス利用に関する講義
11:25 12:00   トリプルハイブリッド発電システム・風と光の広場見学
12:00 13:00   昼食
13:00 18:00   ソーラークッカー製作
18:00 19:00   懇親会(夕食)
第3日目(1月8日)
9:30 12:00   ソーラークッカー実験
(設置後は会場担当者が監視)
10:30 12:00   小型風力発電機製作(ブレード製作)
12:00 13:00   昼食
13:00 18:00   小型風力発電機製作(組立・仕上げ)
第4日目(1月9日)
9:30 10:30   風車発電性能試験
10:30 12:00   発表用資料作成
(会場のノートPC 使用、PPT等の作成)
*5班程度に分かれて作業、PPT等は会場担当が指導
12:00 13:00   昼食
13:00 14:15   発表
14:15 14:30   閉講式
14:30       解散

会場の紹介
総合研究センターの紹介
研究活動や技術開発の一層の充実、地域文化への寄与を全学的な規模で推進するという目的のもとに、平成10 年6 月に足利工業大学総合研究センターが設置されました。
本センターは、国・地方公共団体、民間機関、他大学および海外の教育・研究機関などと学内研究者との間に実施される共同研究、学術交流などを推進すると共に、地域社会との連携、協力を実践する場としての役割を果たし、総合的・先端的な研究開発に資すること、および地場の文化向上に寄与することを目的としております。
多数の専門家が、それぞれユニークな研究活動に取り組んでいます。
 
研究室の紹介
牛山研究室: 足利工業大学の牛山研究室は、20年以上も前から風力や太陽光など、自然エネルギー利用の研究に従事しており、特に風力エネルギーの研究はわが国における草分け的存在となっています。その成果は地元のみならず全国各地の企業の風力発電機の開発に生かされるなど、着実に実績を残しています。
また、開発途上国向けの適正技術の開発も極めてユニークなもので、わが国においては他大学に例がないことから、海外からの留学生や研修生も多く、国際協力事業団(JICA)や新エネルギー財団(NEF)の海外からの研修生の見学ルートにもなっています。

中條研究室: 自然エネルギー関連の研究としては、まず各種ソーラークッカーの製作および性能評価を主に行っています。途上国援助用の木製クッカーやデモンストレーション用の大型クッカー、国内教材用の熱箱型クッカー、用途に応じて熱箱型から集光型に変形するタイプなどの開発を行っています。その他の研究としては風で奏でられる楽器エオリアンハープの音響解析、風車ブレードに働くジャイロ効果の影響、風車タワーの振動解析などを手がけています。

入門書の紹介
書 名 やさしい風・風車・風力発電の話
著者名 牛山 泉
出版社 合同出版
価 格 1,470円(税込)
書 名 〜太陽でお料理〜ソーラークッカー
著者名 クリーンエネルギー利用研究会
出版社 パワー社
価 格 1,680円(税込)
書 名 図解よくわかるバイオエネルギー
著者名 井熊 均
出版社 日刊工業新聞社
価 格 1,680円(税込)
TRONC 風力発電ネットワーク:http://www.tronc.co.jp/
Wind Rose :http://homepage1.nifty.com/cubo/wind/
Catch the Wind :http://www.uchihashi.jp/masaya/wind/index.htm
日本ソーラークッキング協会:http://www.geocities.jp/jscajp/index.htm
ソーラーエネルギー教育協会:http://solarenergy.fc2web.com/index.htm
きらぴかホームページ:http://w2.avis.ne.jp/~amane/

交通案内
交通案内
東武伊勢崎線「東武足利市駅」または、JR 両毛線
「山前駅」から大学バス約30 分
(配車場所 足利市駅・山前駅)

前のプログラムへ プログラム一覧へ 次のプログラムへ
Program menu
HOMEwiner science camp 04-05 top ページ先頭へ


財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP