サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップへ 募集要項 プログラム一覧 体験イメージ 参加者の感想 募集は締切りました サイエンスキャンプ

雪と氷の世界を体験しよう

北海道の冬を体験し、次のような項目について、雪や氷のことを知るとともに、南極の氷から地球環境変動までを考えます。シャボン玉も凍る冬の大自然の中、合宿しながらあなたも地球環境のことを考えてみませんか?(1)氷結晶構造の仕組み、雪結晶の種類と成長条件、(2)寒冷地に現れる光学現象、(3)氷結晶薄片作りによる氷の偏光現象体験、(4)赤外放射カメラによる表面温度測定、(5)雪の山中にある不思議な緑の空間を訪れる雪山トレッキング体験、(6)南極越冬体験談と南極の氷からわかる氷期・間氷期の地球環境変動。
写真写真

会期
2006年1月6日(金)午後2時〜 1月8日(日)午後1時 2泊3日

会場
国立大学法人 北見工業大学 工学部
北海道北見市公園町165番地
http://www.kitami-it.ac.jp/

宿舎
北見工業大学屈斜路研修所
北海道川上郡弟子屈町字美留和1-545

募集人数
15 名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)等に在籍する生徒

同行引率者
・日本科学技術振興財団 サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名

キャンプの実習内容
屈斜路湖の研修所で2泊3日の合宿形式で、実験、雪山歩き、講義を行います。
1. 氷結晶の構造、雪結晶の種類と成長条件を学びます。
2. 寒冷地に特有な氷晶によるさまざまな大気光学現象の原理を学びます。
3. 屋外で作成した氷薄片の偏光観察、雪の結晶レプリカを作成し結晶観察を行います。
4. ワカンジキを履いて雪山(屈斜路湖ポンポン山)を歩き、雪の中にある不思議な緑の空間を訪れます。
5. 赤外放射カメラにより、雪の中の温度、地熱斜面の温度(ポンポン山、硫黄山)、湖の温度(屈斜路湖、摩周湖)を観測します。
6. 南極越冬体験記から、極地観測の今と南極の氷からわかる地球環境変動を学びます。
7. シャボン玉を凍らせる実験、冬の星空観察を行います(天候に依存します)。

スケジュール
第1日目(1月6日)
14:00 14:30   集合受付
14:30 15:30   開講式、学内施設見学
15:30 17:30   屈斜路研修所へ移動(バス)
17:30 18:30   夕食
18:30 21:00   基礎講義「雪と氷の世界」、「寒冷地の光学現象」
第2日目(1月7日)
9:00 10:30   硫黄山、摩周湖(バス)にて赤外カメラ観測
10:30 15:00   仁伏温泉ポンポン山探索(徒歩/ワカン着用)(地熱斜面赤外カメラ観測、山中で昼食)
15:00 17:30   氷の観察(氷薄片偏光観察)雪の観察(雪結晶レプリカ作成、積雪断面観測)
17:30 18:30   基礎講座「南極の氷たち-南極越冬体験記-」
19:00 21:00   懇親会(夕食)
第3日目(1月8日)
9:00 10:00   基礎講義「南極の氷からわかる地球環境変動」
10:00 11:00   各グループ・レポートまとめ
11:00 12:00   ディスカッション
12:00 12:15   閉講式
12:15 13:00   昼食
13:00       解散

会場の紹介
北見工業大学は、北海道網走支庁の中核都市である北見市に置かれており、北緯44 度の高緯度に位置する、工科系としては最北の国立大学法人です。この地域は、周りに大雪、知床、阿寒といった国立公園をはじめとする豊かな自然が広がり、清涼な空気と高い日照率に恵まれた地域です。北見工業大学は、このような恵まれた自然環境の中に1960 年に設置された北見工業短期大学を母体とし、現在は、工学部、大学院博士前期課程及び大学院博士後期課程からなる教育機関に大きく発展してきています。
本学は、「自然と調和するテクノロジーの発展」を基本理念とし、「人を育て、科学技術を広め、地域に輝き、未来を築く」魅力ある工科系大学を目指しています。研究面においては、「個性に輝き、知の世紀をリードし、地域特色のある研究」を目標に、寒冷地域において重要となる工学技術の開発に重点を置くとともに、エネルギー・環境関連技術開発にも重点を置き、特色ある研究を推進しています。
 
研究室の紹介
「雪氷研究室」
雪や氷は、水循環や熱的システムの上で地球環境に大変重要であると同時に、水資源などの面で人間に密接な関わりをもっています。その雪・氷について、低温室実験、野外観測、衛星観測により以下の研究を進めています。[極地雪氷]南極氷床の質量収支、南極氷コア解析、アラスカ・シベリア氷河観測、[衛星観測]オホーツク海・極地海域の海氷分布変動、[雪結晶]南極の雪結晶、[雪氷防災]吹雪、豪雪、路面凍結など。

入門書の紹介
書 名 南極ってどんなところ?
著者名 国立極地研究所、
柴田鉄治、中山由美(他9名)
出版社 朝日新聞社
価 格 1,260 円(税込)
書 名 雪と氷の世界
著者名 若濱五郎
出版社 東海大学出版会
価 格 1,890円(税込)

交通案内
「女満別空港」より、空港連絡バス北見行約45分
「工業大学入口」下車 徒歩5分
JR「札幌駅」より、JR特急オホーツク約4時間40分
JR「北見駅」下車、路線バス約10分 「工業大学入口」下車 徒歩5分

前のプログラムへ プログラム一覧へ 次のプログラムへ
Program menu
HOMEwiner science camp 04-05 top ページ先頭へ


財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP