サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
スプリングサイエンスキャンプ2005
トップ募集要項プログラム一覧体験イメージ参加者の感想参加申し込み
歴史的な建築の保存ワークショップ プログラム一覧

街には、超高層ビルや広大な競技場施設などランドマークとなるような建物が数多く あります。一方で、古くから街の特徴ある景観を形作ってきた歴史的な建築も残されて います。このような歴史的な建築は街をより魅力的なものにするための貴重な財産です。 このワークショップでは、歴史的な建築に隠された技術やこれらを今に蘇らせるための 最新の技術を学びながら、その活かし方を考えます。 写真写真
写真

会期
1.研究施設の紹介
2.歴史的な建築の見学
明治〜昭和初期に建てられた文化財建築の実際の保存・活用事例を 見学します。(東京都内を予定)
3.歴史的な建築の保存・活用に関する講議
どのように建物が保存・活用されるか、その技術を紹介します。
4.活用提案を考える実習
コンピューターを用いて建築の強さの計算や写真からの図面作成な どの体験をしてもらいます。
5.実習結果を中心にディスカッションを行ないます。

会期
2005年3月28日(月)午後0時30分〜30日(水)午後0時30分 2泊3日

会場 宿舎
清水建設株式会社 技術研究所
東京都江東区越中島3−4−17
URL http://www.shimz.co.jp/
corporate_information/sit/
  ホテルリンクス(予定)
東京都江東区牡丹2-11-6
     
募集人数 同行引率者
10名
高等学校、中等教育学校後期課程または 高等専門学校(1〜3年生)等に在籍する生徒
  ・日本科学技術振興財団
 サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名



プログラム
第1日目(3月28日)
12:30 13:00   集合受付
13:00 14:00   開講式、オリエンテーション
14:00 17:00   研究所内の施設見学
17:00 19:00   懇親会
第2日目(3月29日)
9:00 12:00   歴史的な建築の保存・活用事例の見学(東京都内を予定)
12:00 13:00   昼食
13:00 17:00   コンピュータを用いた図面作成、建物耐力の評価法の実習
第3日目(3月30日)
9:00 10:30   実習とまとめ
10:30 12:00   ディスカッションと講評
12:00 12:30   閉講式
12:30       解散

清水建設技術研究所
■技術研究所紹介
清水建設技術研究所は、建設における技術革新のための研究開発部門と して、社会の多様化したニーズに応えるため総合的な研究開発を積極的 に行なっています。研究開発分野は、建築・構造・土木・エンジニアリ ングに加え宇宙開発・原子力などにも取り組んでおり、理工学系の分野 にとどまらず、社会科学、人文科学系の分野にも及んでいます。研究開 発の普及・展開、商品化・事業家など技術を核とした事業展開を積極的 に図っています。 平成15年11月には新本館も建設され、研究開発にいっそうドライブが かかることが期待されます。

開催地 入門書の紹介
日本地図
書 名 JTB キャンブックス日本近代文化遺産 を歩く産業・土木・建築・機械、近代 を語る証人たち
著者名 財団法人日本ナショナルトラスト
(監修)
出版社 JTB
価 格 1,785 円(税込)

交通案内
交通案内
JR「東京駅」よりJR京葉線約4分「越中島駅」下車、徒歩約10分
営団地下鉄「大手町駅」より営団地下鉄東西線約6分「門前仲町駅」下車、徒歩約15分
経路探索
※交通経路検索は、あくまで目安です。時間や経路は変更になる場合がありますのでご了承ください。

前のプログラムへプログラム一覧へ次のプログラムへ
プログラム一覧
トップページへスプリングサイエンスキャンプ2005 トップへ このページの先頭へ


財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP