サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
スプリングサイエンスキャンプ2005
トップ募集要項プログラム一覧体験イメージ参加者の感想参加申し込み
スポーツ科学の最前線〜From Gene to Gold〜 プログラム一覧

オリンピックに参加するトップアスリートの記録向上のためには、ナノ・マイクロレベルの最先端科学の研究成果がフルに動員され、オリンピックやプロスポーツの舞台では1/1000 秒、1mmを争う究極の闘いが繰り広げられています。本学が実施する「スポーツ科学の最前線〜 From Gene to Gold 〜」というプログラムは、人間の身体能力を極限状態にまで高め、限界に挑戦するスポーツ科学の最先端テクノロジーを紹介し、様々な講義や実験を通してスポーツのパフォーマンス向上に最先端科学が果たす役割について理解を深めてもらうことを狙いとしています。さらに、このようなスポーツ科学分野の研究成果が、一般の人の健康づくりにも広く応用されている事例を紹介し、国民全ての健康の維持増進にスポーツ科学の研究が大きく貢献している事実を理解してもらうことが大きな目的の一つです。 写真写真

会期
「スポーツ科学の最前線(講義)」
国内外のスポーツ科学分野の最先端研究の現状を紹介し、科学がスポーツの記録向上や 健康づくりを主眼とした効果的な運動処方プログラムの作成に寄与している事例について解説します。
「大学施設案内(実習)」
本学に設置されている最先端の実験機器やトレーニング機器を見学しながら、スポーツ科学における最先端研究の一端を紹介します。
「スポーツ活動の3次元分析(講義と実験)」
自分が普段行っているスポーツ活動が効率よく行われているかを、力学的法則をもとに研究する学問分野をバイオメカニクスと言います。光学式モーションキャプチャーシステムやハイスピードカメラを用いて自分の動きを3次元で調べる実習を行い、その解説を行います。
「スポーツ活動と筋力(講義と実験)」
骨格筋が収縮することにより関節が可動して運動が行なわれていることを、骨格筋の細胞レベルで解説します。電子顕微鏡、共焦点レーザー走査蛍光顕微鏡などの顕微鏡を用いて骨格筋の超微細構造を観察し、運動トレーニングに伴う骨格筋の形態変化と筋力アップの仕組みなどについて解説、実験を行います。
「スポーツ活動と持久力(講義と実験)」
運動を持続するためには、体内(血液中)に酸素を取り込む呼吸機能と、心臓のポンプ作用によって血液を運搬する循環機能の連携作用が重要な役割を果たします。本実習では、さまざまな実験装置を用いて、酸素の取り込みや血液循環の様子を観察すると同時に、運動パフォーマンスとこれらの機能との関連について解説します。

会期
2005年3月19日(土)午後3時〜21日(月・祝)午後0時30分 2泊3日

会場 宿舎
国立大学法人 鹿屋体育大学
体育学部
鹿児島県鹿屋市白水町1 番地
URL http://www.nifs-k.ac.jp
  合宿研修所(大学内)
鹿児島県鹿屋市白水1番地
     
募集人数 同行引率者
12名
高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3年生)等に在籍する生徒
  ・日本科学技術振興財団
 サイエンスキャンプ事務局員1名
・高等学校理科教諭1名



プログラム
第1日目(3月19日)
15:00 15:30   集合受付
15:30 15:45   開講式
16:00 17:00   イントロ講義「スポーツ科学の最前線」
17:00 18:00   宿舎へ徒歩で移動・休憩
18:00 19:00   夕食
19:00 21:00   参加者&引率者ミーティング
第2日目(3月20日)
9:00 10:00   大学施設見学(15分休憩)
10:15 11:15   講義I「スポーツ活動の3次元分析」(15分休憩)
11:30 12:30   実験I「スポーツ活動の3次元分析」
12:30 13:30   昼食
13:30 14:30   講義II「スポーツ活動と筋力」(15分休憩)
14:45 16:45   実験II「スポーツ活動と筋力」
16:45 17:15   実験のまとめ(宿舎へ徒歩で移動・休憩17:15 〜 18:00)
18:00 19:00   懇親会(夕食)
19:00 21:00   参加者&引率者ミーティング
第3日目(3月21日)
9:00 10:00   講義III「スポーツ活動と持久力」(10分休憩)
10:10 11:40   実験III「スポーツ活動と持久力」(10分休憩)
11:50 12:20   実験のまとめ、ディスカッション
12:20 12:30   閉講式
12:30       解散

鹿島体育大学
■大学紹介
鹿屋体育大学は鹿児島県大隅半島の中央に位置する鹿屋市にあります。国立大学法人で唯一 の体育大学として「体育・スポーツ・健康などの分野において理論と実践を教育・研究する」大学です。総敷地面積36ヘクタールの中に陸上競技場、サッカー場、屋内プール、体育館、武道館、実 験研究棟等が整備されています。発育期にある児童・生徒を対象として、安全かつ効果的なトレーニング方法を科学的に解明・開発するためのスポーツトレーニング教育研究センターや、マルチ メディアを活用したスポーツの教育研究方法を開発するスポーツ情報センター等の教育研究センタ ーも充実しています。今回のサイエンスキャンプで講義や実験を行う研究施設には、電子顕微鏡、 共焦点レーザー走査蛍光顕微鏡、遺伝子解析装置、等の世界最先端の研究機材や、低圧流水 プールという世界で数カ所にのみ導入されている実験機材が完備されています。大学の敷地内に は研修会等に使用可能な合宿研修所があり、113名の宿泊者を収容できる施設もあります。

開催地
日本地図
入門書の紹介
書 名 筋肉はふしぎ
著者名 杉晴夫
出版社 講談社ブルーバックス
価 格 861円(税込)
書 名 新生物物理の最前線
著者名 日本生物物理学会編
出版社 講談社ブルーバックス
価 格 1,113円(税込)
書 名 これでなっとく使えるスポーツサイエンス
著者名 征矢英昭、本山貢、石井好二郎編
出版社 講談社
価 格 2,100円(税込)
書 名 図解雑学からだの不思議
著者名 加藤征治
出版社 ナツメ社
価 格 1,260円(税込)
書 名 改訂スポーツ・バイオメカニクス入門
著者名 金子公宥
出版社 杏林書院
価 格 2,520円(税込)

交通案内
交通案内
「鹿児島空港」より路線バス約1時間40分「鹿屋バスセンター」 バス停下車、路線バス約20分
「白水町体育大学前」 バス停下車、徒歩約3分
JR「鹿児島中央駅」より路線バス 約25分「鴨池港」バス停下車、 フェリー約40分「垂水港」 下船、路線バス約35分
「白水町体育大学前」バス停下車、徒歩約3分
  ※JR「西鹿児島駅」は平成16年3月13日にJR「鹿児島中央駅」に変更になりました。
経路探索
※交通経路検索は、あくまで目安です。時間や経路は変更になる場合がありますのでご了承ください。

前のプログラムへプログラム一覧へ次のプログラムへ
プログラム一覧
トップページへスプリングサイエンスキャンプ2005 トップへ このページの先頭へ


財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP