サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップ 募集要項 プログラム一覧 参加者の感想
参加申し込み
SCIENCE CAMP 2005

産業技術総合研究所 つくばセンター

 産業技術総合研究所は2001年4月に多岐にわたる分野の研究者集団の融合と創造性の発揮による研究活動を通じて、新たな技術シーズの創出や産業技術力の向上、新産業の創出など我が国の経済的発展に貢献し国民の生活の向上に寄与しています。
 つくばセンターの各コースでは、当所で行っている様々な研究の中からエレクトロニクス、エネルギー技術、ライフサイエンス等について実際の研究現場で体験学習をしていただきます。さあ、あなた自身の手で科学技術の扉を開いてみましょう。

1.会期
2005年8月23日(火)午後1時〜 25日(木)午後3時

2.会場
産業技術総合研究所 つくばセンター
〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第2
(東京駅から約1時間30分)
TEL:029-862-6214 FAX:029-862-6212
URL:http://www.aist.go.jp
宿泊場所:産業技術総合研究所研究協力センター「さくら館」

3.募集人数
3コースで15名

4.プログラム
A. 「模型スターリングエンジンを作ってみよう」コース 6名
  スターリングエンジンは外燃機関の一つで、高温と低温の二つの温度(熱差)を与えると動きます。そのためにいろいろな熱源を用いて動かすことができるので、将来の環境に優しいエンジンとして注目されています。ここでは模型スターリングエンジンを組み立てて熱が機械的な仕事(動力)に変わる仕組みを体験します。あなたが組み上げたエンジンが勢いよく回ったとき、きっと感動することでしょう。
B. 「超伝導体を作ってみよう −高温超伝導体の合成と単結晶育成に挑戦−」コース 5名
  超伝導は-250℃以下の低温で生じる現象ですが、1968年以降に-100℃で生じる高温超伝導体が発見されたことにより、超伝導現象を室温(常温)で発生できる可能性が高まってきました。青色発光ダイオードの開発に代表されるように、材料の単結晶成長技術は科学技術の発展において重要な役割を担っています。このコースでは、銅酸化物の高温超伝導体を自分で作り、それが超伝導になることを確かめてもらいます。さらに、単結晶の成長とはどのようなものかを、最新の機器を使って体験してもらいます。
C. 「微生物の正体をつきとめよう」コース 4名
  私達の生活環境には目に見えない生命体である微生物が多数存在しています。しかし、現在その正体が知られているものは、微生物全体のわずか1%程度でしかありません。このコースでは、皆さんの生活環境の中にいる微生物を持参してもらい、最新の分析機器等を使ってその正体をつきとめます。もしかしたら今まで発見されていない未知の微生物との出会いがあるかも知れません。

5.スケジュール
8月23日(火)
13:00       集合受付
13:30 14:00   開講式/オリエンテーション
研究所概要説明、講師紹介等
14:15 17:00   コース別プログラム
17:00 17:40   宿泊施設チェックイン(またはプログラム予備時間)
17:40 19:00   懇親会(会場内レストラン)
8月24日(水)
9:00 12:00   コース別プログラム
12:00 13:00   昼食・休憩
13:00 17:00   コース別プログラム
8月25日(木)
9:00 12:00   コース別プログラム
12:00 13:00   昼食
13:10 14:30   各コース合同成果発表、まとめ
14:30 15:00   閉講式
15:00       解散(最寄駅までマイクロバスで送る予定)

交通案内
JR「上野駅」よりJR常磐線約1時間「荒川沖駅」下車
  路線バス約20分「並木二丁目」バス停下車

前のプログラム プログラム一覧ページへ 次のプログラム
こちらから各プログラム詳細に飛べます

トップページへサイエンスキャンプ2004(夏)トップ このページの先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP

プログラム一覧