サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップ 募集要項 プログラム一覧 参加者の感想
参加申し込み
SCIENCE CAMP 2005

港湾空港技術研究所

 港湾空港技術研究所では、港湾・海岸・空港の整備、および沿岸域における防災や環境保全に関する調査、研究を幅広く行っています。
 今回のキャンプでは、波の基礎的な性質について、地震などの対策工法を知るうえで重要な土の基本的な性質や強度について、また、ロボットなどを使った海の中での作業について、実際の研究現場でテーマに沿った実体験をしてもらいます。
 身近にありながら、今まで知らなかった港や空港を支えている研究について、また、それが私たちの生活にどのように活かされているのかを学ぶチャンスです。

1.会期
2005年7月25日(月)午後1時30分〜27日(水)午後2時

2.会場
港湾空港技術研究所
〒239-0826 神奈川県横須賀市長瀬3-1-1(東京駅から約2時間)
TEL:046-844-5040 FAX:046-844-5072
URL:http://www.pari.go.jp/
宿泊場所:国土交通省 国土技術政策総合研究所 研修センター

3.募集人数
3コースで10名

4.プログラム
A. 「津波に備えよう」コース 3名
  スマトラ沖地震津波は、インド洋周辺の国々に甚大な被害をもたらしました。日本沿岸も古来から津波の常襲地域であり、いつこのような津波が来てもおかしくありません。本コースでは、このような津波の性質を知るとともに、どのように対処すべきか、その最先端の研究に触れていきます。
B. 「強い地盤を造ろう」コース 3名
  家やビルなどを支えている地盤は固くそして丈夫であると思っていませんか?しかし、地すべりや崖崩れによってもろくも崩れてしまったり、地震が原因で液状化という現象がおきてしまうこともあるのです。本コースでは「なぜ崩れるのか?」「液状化とはどのような現象なのか?」「どうしたら防げるのか?」ということを実験を通して学んでいきます。
C. 「海で作業するロボットと機械」コース 4名
  ロボットや機械の海洋工事、海を汚染する油の除去について学びます。
具体的には、(1)ロボットアームの制御の実習、(2)油を上手にすくってみよう、油のべとべとさを測定しよう、(3)消波ブロックの模型を吊り上げようなどです。

5.スケジュール
7月25日(月)
13:30 15:00   開講式/オリエンテーション
港空研概要説明
15:00 17:00   研究所内施設見学
17:30 19:00   懇親会
7月26日(火)
9:00 12:00   コース別プログラム
12:00 13:00   昼食・休憩
13:00 17:00   コース別プログラム
7月27日(水)
9:00 12:00   コース別プログラム
12:00 13:00   昼食
13:00 14:00   まとめ/閉講式

交通案内
JR「東京駅」よりJR山手線約10分「品川駅」乗換え
  「京急品川駅」より京浜急行快特約1時間「京急久里浜駅」下車
  路線バス約10分「外畠」バス停下車 または「開国橋」バス停下車

前のプログラム プログラム一覧ページへ 次のプログラム
こちらから各プログラム詳細に飛べます

トップページへサイエンスキャンプ2004(夏)トップ このページの先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP

プログラム一覧