サイエンスキャンプ
HOME 開催報告 過去の参加者データ 情報配信希望者 お問い合せ
個人情報の取り扱い
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
トップ 募集要項 プログラム一覧 参加者の感想
参加申し込み
SCIENCE CAMP 2005

放射線医学総合研究所

 (独)放射線医学総合研究所(放医研)は、放射線の人体に与える影響や放射線の医学利用に関する研究開発を総合的に行う我が国唯一の研究機関です。
 放射線は医療などで身近に感じてはいるけれどよくわからない、その放射線のことについて、参加者に実験や実習を主体に、放射線の基礎的なことから、最先端のがん医療に関する内容を学んでいただくプログラムを計画しました。

1.会期
2005年8月16日(火)午後0時〜19日(金)午後2時30分

2.会場
放射線医学総合研究所
〒263-8555 千葉県千葉市稲毛区穴川4-9-1(東京駅から約50分)
TEL:043-206-4604 FAX:043-206-4062
URL:http://www.nirs.go.jp
宿泊場所:研究交流施設(放射線医学総合研究所内)

3.募集人数
20名

4.プログラム
「放射線の医学利用に関する研究開発を体験しよう」
講義と実習【放射線の基礎】
  指導:研修課 主任研究員 白川 芳幸 他
講義と実習【放射線被ばくとは?】
  指導:緊急被ばく医療センター 
医療部長 明石 真言 他
講義と実習【DNA・遺伝子(遺伝子で犯人探し)】
  指導:低線量生体影響グループ 
プロジェクトリーダー 島田 義也 他
講義と実習【画像診断と放射線の利用】
  指導:診療放射線技師室長 渡邊 和洋 他
講義と見学【加速器とPIXE分析】
  指導:研究基盤部技術支援・開発室長 今関 等 他

5.スケジュール
8月16日(火)
12:00       集合【重粒子治療推進棟2階ロビー】
13:00 13:30   開講式/オリエンテーション【重粒子治療推進棟2階大会議室】
13:30 14:00   ビデオ上映「放射線の未来に向けて」【重粒子治療推進棟 2階大会議室】
 14:00 14:20   宿舎へ徒歩移動
 14:30 17:00   講義と実習「放射線の基礎」【研修棟】
 17:45 19:30   懇親会【重粒子治療推進棟 セミナー室】
19:30 21:00   ミーティング【研究交流施設】
8月17日(水)
9:00 12:30   講義と実習「放射線被ばくとは?」【緊急被ばく医療施設】
12:30 13:30   昼食
13:30 17:30   DNA・遺伝子(遺伝子で犯人探し)の実習【低線量生体影響グループ】
17:30 18:30   夕食
18:30 20:00   ミーティング【研究交流施設】
8月18日(木)
9:00 12:00   DNA・遺伝子(遺伝子で犯人探し)の実習【低線量生体影響グループ】
12:00 13:00   昼食
13:10 17:00   講義と実習「画像診断と放射線の利用」【重粒子医科学センター病院】
17:30 18:30   夕食
18:30 20:00   ミーティング【研究交流施設】
8月19日(金)
9:00 12:00   講義と見学「加速器とPIXE分析」【静電加速器棟】
12:00 13:00   昼食
13:10 13:40   HIMAC見学
13:50 14:30   全体のまとめ&ディスカッション
閉講式【重粒子治療推進棟2階大会議室】
14:30       解散【研究所にて】

交通案内
JR「東京駅」よりJR総武線約50分「稲毛駅」下車
  徒歩約15分 または路線バス約5分「放医研正門前」バス停下車

前のプログラム プログラム一覧ページへ 次のプログラム
こちらから各プログラム詳細に飛べます

トップページへサイエンスキャンプ2004(夏)トップ このページの先頭へ

財団法人 日本科学技術振興財団
振興事業部
サイエンスキャンプ事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号
TEL. 03-3212-2454  FAX. 03-3212-0014
E-mail
日本科学技術振興財団HP
科学技術館HP
日本科学技術振興財団振興事業部HP

プログラム一覧