2008年3月12日発表  
 
  第49回科学技術映像祭 運営委員会
 

科学技術映像祭は、優れた科学技術に関する映像を選奨し、科学技術の普及と向上を図ることを目的として、昭和35 年から始められ、今回で49回目を迎えました。

今回は、「科学教育」「基礎研究」「科学技術」「医学」「ポピュラーサイエンス」の5部門と「マルチメディア」特別部門に、参加対象になる日本の製作者、企画者(スポンサー)、テレビ局、および学術研究機関、40機関から、2007年2月1日から2008年1月31日までに完成または放映された63本の作品が出品され、15作品が優秀科学映像に選定されました。

優秀作品の製作者ならびに企画者に内閣総理大臣賞(1作品)、文部科学大臣賞(6作品)、主催者賞(8作品)が贈呈されます。

   
 

【入選作品紹介】 【出品作品一覧】 【審査委員・運営委員名簿】 【入選作品発表会日程】

【科学技術映像祭トップページ】

 
  この映像祭は下記4団体によって運営されています
    財団法人 日本科学技術振興財団
財団法人 日本科学映像協会
社団法人 映像文化製作者連盟
財団法人 つくば科学万博記念財団
 
  この映像祭は下記の諸団体から後援されています。
    文部科学省
日本放送協会
(社)日本新聞協会
(社)日本民間放送連盟
(財)経済広報センター
(財)日本視聴覚教育協会