プログラム紹介

公的研究機関 大学 公的研究機関
加速器による、素粒子から身近な物質までを探る研究を体験
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
世界有数の加速器を用いて、素粒子を探り、物質の構造を明らかにする現場を訪ね、研究者達と触れ合い、研究の進め方、楽しさを体験します。実習では、基礎的な実験を通して、測定機器の作製、調整、データ取得、データ整理など、実験の進め方を学びます。「A. 素粒子」、「B. 回折」、「C. 加速器」、「D. 放射線」、「E. 低温」の5コースで実施します。
 物理学、応用物理学、加速器科学
2009年12月24日(木)~12月26日(土)
5コースで20名
茨城県つくば市
JR「東京駅」より約1時間20分。
つくばエクスプレス線「つくば駅」下車、バス約20分
機構内宿舎(予定)
生きていることと生きること ~遺伝子の世界と脳の世界~
独立行政法人 産業技術総合研究所 脳神経情報研究部門
生き物(特に動物)は、周りの生き物(社会)や環境と情報交換をしながら個性ある存在になってゆきます。この過程、すなわち「生きること」の中心的役割を担う器官が脳です。今回のキャンプでは、生きていることの意味を理解しながら、脳の構造や働きについて学びます。
 生物学、脳科学、生化学、分子生物学、生物物理学
2009年12月23日(水・祝)~12月25日(金)
10名
茨城県つくば市
JR「東京駅」より約80分。
つくばエクスプレス「つくば駅」下車、バス約10分
産総研さくら館(予定)
公的研究機関 大学 公的研究機関

  • HOME
  • サイエンスキャンプとは
  • プログラム・会場・日程
  • 体験イメージ
  • 参加者の感想

Copyright(C)2009 Japan Science Foundation All Rights Reserved