先端技術で未来メディアを体験しよう/富士ゼロックス株式会社 研究本部

分野:情報科学 人間工学

文字は意味を伝えるメディア、紙は文字や絵を載せて伝えるメディア、DVDも大量デジタル情報(映画や音楽など)を伝えるメディア、新聞社他TV局はその機構が情報を伝えるメディアです。私たちは、多様化するメディアに飲み込まれることなく、それらを駆使してより良いコミュニケーションを図ってゆかねばなりません。
富士ゼロックスは、紙メディアのコピーサービスを提供し始めて以来、私たちの、コミュニケーションを支援してきました。現在では、よりよいコミュニケーションの実現を目指して、紙に限らず広範なコミュニケーション支援の研究を行っています。
今回のキャンプでは、コミュニケーション技術を体験しながら、コミュニケ―ション・メディアの意義と未来を考えてみます。

会期

2007年3月21日(水・祝)17:00~3月23日(金)14:30 2泊3日

募集人数

12名

会場

富士ゼロックス株式会社中井事業所
神奈川県足柄上郡中井町境430 グリーンテクなかい
(JR「東京駅」より約2時間。小田急小田原線「秦野駅」下車シャトルバス約15分)
URL:http://www.fujixerox.co.jp/company/technical/index.html
宿泊場所:グランドホテル神奈中(秦野)(予定)

キャンプの実習内容(予定)

メディア体験では、世界初の電子写真複写機を実際に動かし、画像を取り込んでみます。
実験実習では、遠隔コミュニケーション装置を用いてチームごとのゲーム形式で情報伝達を競います。
その様子を他のチームが観察記録し、人間のコミュニケーションの様子や、通信手段の効果について学びます。
実験結果は、その場の行動観察やビデオを用いた発話記録、アイカメラの注視点データなどによって分析します。

スケジュール

〈第1日目〉3月21日(水)
17:00 17:30 宿舎で集合受付
19:00 21:00 参加者&引率者ミーティング
〈第2日目〉3月22日(木)
9:00 9:30 開講式
9:30 10:30 レクチャー「メディアと人間の関わり」(仮題)
10:30 12:00 コミュニケーション・メディア体験
12:00 13:00 昼食
13:00 14:30 研究概要紹介と事業所見学
14:30 16:30 コミュニケーションの実験
17:30 19:00 講師等との懇親会
〈第3日目〉3月23日(金)
9:00 10:00 研究者交流「遠隔会議」(仮題)
10:00 12:00 実験結果の分析とまとめ
12:00 13:00 昼食
13:00 14:00 発表と講評
14:00 14:30 閉講式

プログラム関連図書の紹介

参考図書:

「こころの情報学」
著者:西垣 通 出版社:筑摩書房(756円)

交通案内

  • JR「東京駅」より約2時間。小田急小田原線「秦野駅」下車シャトルバス約15分
路線検索
  • 交通経路検索は、あくまで目安です。時間や経路は変更になる場合がありますのでご了承ください
閉じる

Copyright(C)2007 Japan Science Foundation All Rights Reserved