地震に負けない! ~構造、材料の科学~/鹿島建設株式会社 技術研究所

分野:建築学、構造力学、材料工学

鹿島建設技術研究所は1949年(昭和24年)に業界に先駆けて創設されました。以来、日本の経済発展と共に歩みつづけ、時代の社会ニーズを的確に捉えた研究活動を続けてきました。その間に蓄積された研究成果は、山奥のダムから大都会の超高層ビルまで幅広い分野に生かされています。
今回のキャンプでは、建物を建てるために使われる数多くの技術の中から、なくてはならない二つの技術について学習します。
一つめは、建物を形作る最も重要かつ基本的な材料の一つであるコンクリートについて体験学習を行います。二つめは、地震に強い建物を建てるために必要となる技術について、実際に振動台を使って学習します。皆さんご存じのように、わが国は大小の地震が頻繁に起こるため、地震に強い建物を建てるために多くの努力や技術開発が行われてきました。これらの成果の一端を体験してみてください。これ以外にも、当技術研究所で進めているロボットや新しい資源開発などの最先端の技術開発について学習します。

会期

2007年3月25日(日)17:00~3月27日(火)14:15 2泊3日

募集人数

10名

会場

鹿島建設株式会社 技術研究所
東京都調布市飛田給2-19-1
(JR「東京駅」より約50分。京王線「飛田給駅」下車徒歩約3分)
URL:http://www.kajima.co.jp/
宿泊場所:シティテル府中(予定)

キャンプの実習内容(予定)

(1)技術研究所の施設紹介・見学
振動台、制震建物、風洞、屋上緑化、免震建物、大型構造実験棟、音響実験棟などを予定。
(2)講義:建物の基礎知識
建物全般に関する概要を説明した後、コンクリート材料、超高層建物を実現するための技術など、キャンプ中に行う実験に関連した内容を解説します。
(3)実験1:コンクリートの作製
建物を安全・快適に使用するための方法について、実際にコンクリートの作製を通して実験・検討します。
(4)見学・体験
ロボットの遠隔操作、床微振動の制御、メタンハイドレートの燃焼実験などを見学・体験します。
(5)実験2:地震に強い建物を考える
身近な材料を使って簡単な構造物を作り、小型の振動台を使ってゆれに対する強さを実験・検討します。

スケジュール

〈第1日目〉3月25日(日)
17:00 17:30 宿舎で集合受付
19:00 21:00 参加者&引率者ミーティング
〈第2日目〉3月26日(月)
9:00 9:30 開講式
9:30 11:00 実験施設全般の紹介・見学
11:00 12:00 研究員による建物の基礎知識講義
12:00 13:00 昼食
13:00 14:30 コンクリートの作製1
14:30 15:30 先端技術の見学・体験
15:30 17:30 コンクリートの作製2、まとめ
17:30 19:30 講師等との懇親会
〈第3日目〉3月27日(火)
9:00 12:00 構造物の作製と実験、まとめ
12:00 13:00 昼食
13:00 14:00 ディスカッション
14:00 14:15 閉講式

プログラム関連Webサイトの紹介

鹿島建設株式会社 技術研究所:
URL:http://www.kajima.co.jp/tech/katri/index-j.html

交通案内

  • JR「東京駅」より約50分。京王線「飛田給駅」下車徒歩約3分
路線検索
  • 交通経路検索は、あくまで目安です。時間や経路は変更になる場合がありますのでご了承ください
閉じる

Copyright(C)2007 Japan Science Foundation All Rights Reserved