遺伝子工学のフロンティアをのぞいてみよう/国立大学法人 千葉大学 園芸学部 生物生産科学科

分野:ライフサイエンス、生物学、農学、遺伝子工学、遺伝子組換え実験法

遺伝学のめざましい進歩によって、植物の新品種を作出する分野(育種)では、新しい研究が発展しています。生科学的な標識遺伝子を利用したり、有用遺伝子をDNAレベルまで分析し、それを植物に導入する試みが行われています。
一方、組織や細胞の培養手法の発達による、育種や繁殖方法にも新しい可能性が出てきました。
また、生物資源の有効な活用も大きな課題です。微生物のもつ未知の力を引き出し、利用することも大切な領域としてあげられます。
今回のキャンプでは、遺伝子組み換え実験を体験してその安全性について考察します。この方法を応用している植物細胞工学、分子生体機能学、遺伝・育種学の各研究室の研究フロンティアを体験してみましょう。

会期

2007年3月27日(火)17:00〜3月29日(木)14:30 2泊3日

募集人数

15名

会場

国立大学法人 千葉大学 園芸学部 生物生産科学科
千葉県松戸市松戸648
(JR「東京駅」より約1時間。JR常磐線「松戸駅」下車徒歩約15分)
URL:http://www.h.chiba-u.ac.jp/
宿泊場所:ホテル千壇家(予定)

キャンプの実習内容(予定)

(1)遺伝子の構造と機能について学びます。
(2)安全な遺伝子操作実験について学びます。
(3)大腸菌を用いた遺伝子操作実験を行い遺伝子組換え体を作成します。
(4)遺伝子組換え体の機能についてその新たな特性について調べます。
(5)植物細胞工学研究室での研究体験
(例えば遺伝子導入による形質転換植物の作出)
(6)分子生体機能学研究室での研究体験
(例えば微生物を用いた環境浄化)
(7)遺伝・育種学研究室での研究体験
(例えばゲノム解析による有用遺伝子の同定と単離)
(8)遺伝子操作の安全性とその応用について総合的に議論します。

スケジュール

〈第1日目〉3月27日(火)
17:00 17:30 宿舎で集合受付
19:00 21:00 参加者&引率者ミーティング
〈第2日目〉3月28日(水)
9:00 9:15 開講式
9:15 10:00 実験内容説明
10:00 12:00 遺伝子操作実験(1)
12:00 13:00 昼食
13:00 14:30 植物細胞工学研究室での体験実験
14:30 16:00 遺伝・育種学研究室での体験実験
16:00 17:30 分子生体機能学研究室での体験実験
17:30 19:00 講師等との懇親会
〈第3日目〉3月29日(木)
9:00 10:30 遺伝子操作実験(2)
10:30 12:00 実験のまとめ
12:00 13:00 昼食
13:00 14:00 総合ディスカッション
14:00 14:30 閉講式

プログラム関連Webサイトの紹介

千葉大学 園芸学部ホームページ
http://www.h.chiba-u.ac.jp/から各研究室にアクセス出来ます。

交通案内

  • JR「東京駅」より約1時間。JR常磐線「松戸駅」下車徒歩約15分
路線検索
  • 交通経路検索は、あくまで目安です。時間や経路は変更になる場合がありますのでご了承ください
閉じる

Copyright(C)2007 Japan Science Foundation All Rights Reserved